相続 遺言 行政書士 札幌市手稲区 トラブル 内容証明 後見 相続手続き 遺言作成 任意後見 法定後見

相続

相続の開始は被相続人の死亡により開始します。

相続というのは、被相続人の権利や義務を相続人が全て承継することになります。受け継ぐ財産は資産だけでなく、負債も一緒に受け継ぐことになります。

 

相続が開始したらまずは被相続人が遺言書などを残していないか探す必要があります。遺言書があれば、相続財産は原則、遺言書のとおりに分けられます。
遺言書がなければ、どのように相続財産をわけるか相続人の全員で話し合って、決めることになります。


また、遺言書が見つかった場合に、それが公正証書遺言でない場合には、家庭裁判所で検認という手続をする必要があります。封印してある遺言書は勝手に開封することはできません。次に、誰が相続人なのか確定するために被相続人の戸籍謄本類を集める必要があります。

この戸籍謄本類は被相続人の生まれてから死亡するまでのつながった戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍、などすべて集める必要があります。


そして、相続財産を分けるためには、その前提としてどのような相続財産があるのか調査する必要があります。プラスの財産だけでなく、借金などの負債についても、もちろん調べる必要があります。

相続財産を調査した結果、資産よりも負債のほうが多い場合に、それらを相続したくないときには、家庭裁判所に相続放棄を申述べることもできます。

ただし、相続放棄の手続は必ず、家庭裁判所にしなければいけません。
また、この手続は、自己のために相続開始があったことを知った日から3ヶ月以内にしなければいけません。ただ、事情によりどうしても3ヶ月以内に放棄するかどうかきめられないときや、相続人が事業を営んでいて、負債などが多くて、相続財産の調査が期間内に終わらないような場合は、家庭裁判所の許可をもらって、その期間を伸長(延長)してもらうことも出来ます。

相続するのであれば、3ヶ月以内に相続放棄などの手続を何もしなければ、単純承認といって、相続したことになります。単純承認は何もしないときだけでなく、相続財産の1部や全部を売却するなど処分したときや、相続財産の1部を隠したり、消費したりしたときも単純承認したものとみなされます。

相続放棄をするとその相続人ははじめから、相続人でなかったものとみなされ、次の順位の人が相続人になります。また、相続放棄は相続放棄したい1人1人の人が、する必要があります。